topimage

2017-07

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カチャーノフと言えば - 2013.12.01 Sun

ロシアのパペット映画作家、『ロマン・カチャーノフ』と言えば、何をイメージされますか?
今や日本でもポピュラーとなっている、チェブラーシカ、でしょうか。
チェブラーシカも、本当にとても可愛らしいのですが、私はやはり、『ミトン』が真っ先に思い浮かんでしまうのです。
『ミトン』なのです(^-^)



▼ミトンバイブライスの、アーニャさん
20131130_01.jpg



2008年に、ファーストブライスのショコラちゃんをお迎えした後、

『ブライスって、他にどんな子達がいるんだろう?』

という興味から、ネットであれこれ検索をかけて少しずつブライスについて知ってゆくようになりました。
とは言え、当時はまだ興味程度で、ブライスにハマったという感じでもありません。



そんな時、心臓が一瞬にしてドキっ!とする事実を知ったのです。



『カチャーノフのミトンが、ブライスになっていただなんて…!』



ショコラちゃんが生まれる4年も前に、アーニャさんがブライスとして登場していたことを初めて知りました。
そして、過去に販売されたブライスさん達は、もうそれっきり生産されることが無い、ということも。
私がミトンにハマった2004年には、すでにブライスとして誕生していたアーニャさん。
今後新たに生産されることは、無いんだ…。
それがもう本当に、残念で。
ちゃんと知っていたら、迷わず購入していたのに。




当時持っていた、私のミトンコレクションの一部がこちらです。




▼スノードーム
20131130_03.jpg




2005年に、ネットの予約限定販売で購入しました。
予約から届くまで数ヶ月待ったので、届いた時は嬉しかったのを覚えています。




▼フィギュア
20131130_07.jpg



ポラロイド(sx-70)で撮影した1枚です。
2007年に撮ったものですが、写真をスキャンしたものです。
でも今はデジカメで撮った写真も、アプリ等で簡単にポラロイド加工できるようになりましたね(^-^)
ミトンのレトロな雰囲気と、ポラロイドの画がマッチするんじゃないかと思って撮った記憶があります。



ブライスのアーニャさんが、もう入手不可であることが残念でがっくりしていたのですが、そこは便利なネット社会。
思いついたのは、オークションです。

『ミトンバイブライス』

見つかったアーニャさんはいずれも結構なお値段だったのですけれど、それでもどうにかお迎えしたいという
気持ちは、抑えることができませんでした(^^ゞ




届いて開封した時の感動は、今でも忘れられません。
あのミトンの女の子が、ブライスとして本当に忠実に再現されていたのですから(*^-^*)
しかも、とっても可愛らしい♪



20131130_02.jpg




DVDをご覧になった方はお分かりになると思うのですが、ミトンバイブライスのデフォルトアウトフィット、もう
そのまんま『ミトン』なのです。
『ミトン』そのもの。
まさに『ミトン』

・・・おかしな日本語でスミマセン (^m^)

でも、帽子からコートから、中に着ているオレンジ色のワンピース、赤いタイツに白い靴。
それに、サイドから流した金髪の前髪やブルーの瞳も、全部全部、あのDVDの中のアーニャさんそのもので。
それが本当に、嬉しくて嬉しくて仕方なかったことを、今でもよく覚えています。



20131130_04.jpg




▼ミトンワンコの編みぐるみ(ブライスさんとは別のコレクション)
20131130_05.jpg
20131130_06.jpg




ショコラちゃんに続いて、アーニャさん。
きっかけは、ブライスにハマって、ではなく、元々好きだったものがブライス化されて、というスタートでした。
そこからだんだんとブライス好きになっていったという意味でも、ショコラちゃんとアーニャさんには感謝しています。
こんな楽しくて、可愛い世界があったんだなぁ、と。



ミトン愛ゆえに、かなり熱い長文な記事になってしまいました(^-^;)
お恥ずかしい~。
最後まで読んで下さった皆様、ありがとうございます♪

あ、ミトンのパペット映画が未見の皆様、機会があったら是非ご覧頂きたいです。
10分程度の短いお話(3本)のオムニバスなのですが、どれも心温まる素敵な作品になっていますので。
中でも、『ミトン』は、本当にオススメです(^-^)


スポンサーサイト

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

kaori

Author:kaori
**********
Q-pot.好き、ミトン(カチャーノフ)好きが高じてブライスを購入したところから、ブライスにはまってゆきました。
本当の意味でブライスに落ちたのは、ヴィンターアルデンのLiliをお迎えしてから。
お気軽にコメントを残していって下さいね^^
(リンクフリーですが、お知らせ下さったらご挨拶に伺います♪)
*********
 

最近の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

カテゴリー

Welcome to my blog

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。